有田市立保田中学校

学校教育計画

スクールプラン

スクールプラン (PDF)

学校教育目標

「生涯学習社会を生き抜くたくましい生徒の育成」

校訓

自学 自治 自愛

目指す児童・生徒像
自学 問題や課題を自ら見つけ、解決のための方法と見通しをもって、自ら解決することができる生徒
自治 自分の生き方や社会をよりよくしようという願いをもち、行動することができる生徒
自愛 自尊感情を高めるとともに、自分とともに生きる、生命あるすべてのものを慈しみ、愛することができる生徒

本年度の努力点

(1)道徳教育の充実
  1.道徳教育全体計画(別葉含)・道徳の時間の年間指導計画を作成し、その検証・改善を行い、次期学習指導要領の内容を平成30年度より先行実施する。
  2.読み物資料を通して道徳的価値に触れ、発問や切り返しの工夫により個々の考えをクロスさせながら考え、深めていく授業構成の研究を継続して推進する。
  3.特別の教科化に対応し、適切な評価のあり方を研究する。

(2)教科指導の充実
  1.個に応じた(個を生かす)指導を通して基礎基本の確実な定着を図るとともに、確かな学力を育成する。
  2.主体的な学び方を学ばせ、自己学習力の育成に努める。
  3.生徒個々の考えを交流し、考えを深める場面を導入した授業スタイルの確立に努める。
  4.家庭と連携し、家庭学習を充実させる。
  5.全国学力学習状況調査等の結果等を活用し、本校生徒の課題を明確にし、少人数や習熟度別授業などを積極的かつ効果的に取り入れ、指導方法の工夫改善を図る。
  6.教育課程の中に基礎学力育成タイムを創設し、その運用を工夫する。
  7.ICTの積極的な活用や教材開発をはかり、教科や学校の成果として積み上げる。

(3)健康安全教育の充実
  1.健康や安全に対する留意して生活できる生徒の育成を図る。
  2.体育科や部活動を中心に、体力づくりを推進する。
  3.環境整備や施設・設備の点検に努め、安全管理を徹底させる。
  4.生徒が自己防衛の意識を高め、身の安全を守れるよう、防災訓練・防犯訓練等の実施や、関係機関との連携を密に図る。
  5.危機管理マニュアル、防災マニュアルを見直し、生徒の安全を確保する。

(4)特別活動の充実
  1.道徳教育や生徒指導との関連を図り、「生き方の指導」の充実を図る。
  2.生徒会活動や学級活動を通して、生徒の自主性・実践的な活動や自発的・自治的な活動の推進を図る。
  3.集団活動の望ましい指導方法の工夫を図る。
  4.学校行事と関連付け、生徒会活動や学級・学年の自治的な活動を推進する。

(5)総合的な学習の時間の充実
  1.生徒の発達段階を考慮し、系統的な全体計画・年間指導計画の検証・改善を行い、その充実を図る。
  2.指導体制の充実を図る。
  3.ねらい(付けたい力・・・問題解決能力、コミニュケーション能力、自己肯定感)に迫るための指導方法、適切な評価の方法を工夫する。

(6)生徒指導の充実
  1.生徒との心のふれあいを基盤にして、規範意識の高揚を図る。
  2.基本的な生活習慣(チャイム着席・挨拶・服装等)を定着させる。
  3.全教育活動における生徒とのふれあいを通して、心の内面を深く捉えようと努力し、心の交わりを図る。(教育相談機能の充実) 
  4.学級活動、生徒会活動において生徒指導の機能を働かせ、自主性(自主的活動)の育成を図る。
  5.集団活動を通して、望ましい人間関係の醸成と社会性の育成を図る。

(7)図書館教育の充実
  1.学校図書館の環境を充実し、積極的に教育活動に関連付け、読書に親しむ態度を育成する。
  2.学校司書の効果的なあり方を研究し、授業に活用できる図書館を目指す。
  3.朝読書、ビブリオバトル等に全校で取り組み、言語活動の更なる充実に資する図書館教育を推進する。

(8)特別支援教育の充実
  1.生徒一人ひとりの教育的ニーズに応じ、個別の支援計画を立て、学習内容と指導・支援を充実させる。
  2.障害児・者に対する正しい理解と認識を育てる。
  3.特別支援教育コーディネーターを中心に、支援の必要な生徒に対する支援の方法を研究し、学校全体での支援体制の充実に努める。

(9)人権教育の充実
  1.年間指導計画の検証・改善を図り,意図的,計画的な人権学習の充実に取り組む。
  2.社会に存在する様々な人権問題に対する認識を深め,人権意識の高揚を図る指導の充実を図る。
  3.自主的・民主的な集団づくりに努め,人権感覚あふれる学校づくりを目指す。

(10)進路指導の充実
  1.9年間を見据えたキャリア教育の指導計画を検証・改善し、充実に努める。
  2.教育活動全体を通じて進路指導の充実を図る。
    3.啓発的経験を重視した進路指導に努める。
  4.生徒がよりよい進路選択ができるよう、保護者との連携を深める。

学校研究課題

主題

「関わり合い、響き合い、高め合う生徒の育成」

 ~道徳教育の充実と教科指導の工夫改善を目指して~

<< 前のページに戻る